イカの塩麹塩辛

昨日からぐっと冷え込んできましたね。
私は寒いのは大の苦手なのですが、寒くなるとおいしくなるものがあるので、
それを楽しみに生きております(笑)

イカのわたがぐっとふくらむのも、寒くなってから。
身がやわらかい夏のイカも大好きですが、ワタを楽しむのは秋から冬にかけてですね。

今回「cotogoto(コトゴト)」というサイトにて、
イカの塩麹塩辛の作り方をご紹介しました。
スルメイカと塩麹(市販のもので大丈夫です)があればすぐに作れますので、
えいっと挑戦してみてください。
麹の力でやわらかくなりますし、塩だけで作るよりもまろやかで、食べやすい塩辛が作れます。
もちろん塩辛としてお酒のつまみやごはんのお供にするのもいいのですが、
私の一押しは、アヒージョです。
このアヒージョを食べたいがために、私は塩辛を仕込むくらい、おいしい!
アンチョビとは段違いのうまみですよ。
その作り方も載せておりますので、ぜひぜひ試してみて!

cotogoto(コトゴト)さんは、高円寺に実店舗もあり、
あれもこれも欲しくなるような、すてきな日本の道具や器を扱っておられます。
オンラインショップもあるので、のぞいてみてくださいね。


きんかん

かぜが流行っているようですが、皆さん大丈夫ですか?
私も年末にばっちりかかってしまって、1年分の疲れがどっと出た感じでしたが、
東京に戻ってからは元気に働いています。
お正月にゆっくりできてありがたかったな。

体調を崩した時、必要であればパパッと市販薬も飲みますが、同時にいろんな手当もします。
自然界の中にもたくさんくすりがあるので、その力をいただきたいな、と思ってます。
つらい咳が止まらない時は、きんかん。
ちょうど広島の実家の庭には、オレンジ色の実がたわわになっていたので、
スライスして煎じました。
これはとても効きます。
妊婦さんや小さいお子さんなど、薬が飲めなくて、咳が止まらない時は試してみてください。
キンカンを適当にスライスして、種ごと全部鍋に入れ、かぶるくらいお水を入れて(キンカン10個に対して500ccくらいでしょうか)、5分程煮て、すぐ飲みます。
キンカンから甘い味が出るけど、もしももう少し甘さが欲しければ蜂蜜(大丈夫な年齢なら)を入れて。

どうか元気に冬を過ごせますようにー。


謹賀新年

みなさまお元気で新年を迎えられましたか。

私はちょっとかぜっぴきでしたが
いつものように広島でのんびりお正月を過ごさせてもらいました。
ああしあわせ、と思いながら。

昨晩東京に戻ってきて
今年はみなさんにどんなお料理をお届けできるかな、なんて
思いを巡らせています。
今年は新しいことに色々挑戦するつもりですよー。

どうぞよろしくお願いいたします。

(写真は賀茂鶴の酒粕を使ったパン。広島空港に向かうインターで買いました。いい香り。)