ごあいさつ

大学時代、大きな休みになるとバックパックを背負って海外に出かけました。
気がつくと現地の台所に入り、その土地の人たちと一緒に料理をしていました。
インドに滞在中のあるとき、お世話になった家庭でカレーを作りながら、はっとしたことがありました。
そこでは、庭でとれたココナッツを削って絞り、そのミルクをカレーのだしにするのです。
それがとってもおいしくて、私はひどく感動したのですが、でもよく考えてみたら、
それって私たち日本人が鰹節を削ってだしをひくのと同じじゃない!と気づいたのです。

私は自分の生まれ育った国の文化を知らない。もっと知りたい。
そんな思いで日本各地の郷土の味をたずね歩くようになりました。
あれから15年。
たくさんの台所で、数百人にのぼるおばあさんからお話をうかがって、
そのたびに目から鱗が落ちたり、
心を動かされたりしました。
そこにはたくさんの知恵がありました。
私たちの国で、自然とともに営まれてきたくらしは、
なんとクールで合理的で、あったかいんだろう。

また、旅行中、食べ物で体調不良を救われることが多かった私は、
薬膳のベースとなる中医学(中国の伝統医学)に興味を持つようになりました。
小さい頃から、体調を崩すと祖母がつぼを押してくれたり、おかゆを作ってくれたりして、
元気になったことも影響していると思います。
身近にある食べ物でからだを整えることができたら、と思い、
北京中医薬大学日本校に入学し、中医学を学びました。

こうして古くから伝わってきたものを自分の中に取り込みながら、
同時に私は、現代の生活の中で、
それらの知恵をいかすにはどうすればいいのかをずっと考えてきました。

おなかがすいたり、からだの具合が悪ければ、不機嫌になるし、
おいしいものを食べて、体調も良ければ、いい気分になるのは、
古今東西変わりのないことだと思います。
できることなら、気持ちのこもったあったかいもの、
からだや心を養ってくれるおいしいものを食べて、
元気でいたい。いてほしい。
せわしない毎日でも、ちょっとした工夫や知恵でそれが実現できたらいいなあと思うのです。
昔ながらの料理や、体を整える中医学の薬膳の知恵に、
遊び心をプラスして、現代の生活にあったレシピを作り、
皆さんにお伝えできればと考えています。

料理は、相手を大切に思うきもちを素直に表現できる道具です。
どうかあなたの作るそのひとさじが、どなたかを、そしてご自分自身を幸せにしますように。

2015年 濱田美里

Introduction

When I was a university student, I went abroad with a backpack during the long holidays.

I went into the local kitchens unconsciously, and cooked with the people in there.

One day, while I visited India, I noticed one thing when I cooked curry in a family who took care of me.

In that area, they shaved and squeezed coconuts from their garden, and used its milk as the soup stock for the curry.

The taste of the curry was really nice and I was greatly impressed. Then I thought of the stock… and I noticed that it’s the same as we Japanese shave dried bonito to make the soup stock!

“I don’t know much about culture of the country where I was born and grew up. I want to learn more about it.”

From this kind of feelings, I began to ask and visit local foods around Japan.

15 years have passed. In my journeys, I collected stories from hundreds of grandmothers in a lot of kitchens all over Japan.

Each time, there was a new finding, and I was moved by those things.

I got a lot of wisdom from there.

How cool, reasonable, and warmhearted the lifestyles in my country, Japan, held with natures were!

And, I started to have interests in traditional Chinese Medicine which is the base of medical cooking from the experience that I was often helped by food to heal physical disorders.
In my childhood, my grandmother pushed acupuncture points when I was sick, and cooked rice porridge, then I got recovered with her nursing. That experience might also influenced to my interests in Chinese medicine.

I thought that if I can take care the body with familiar food, so I entered to Beijing University of Chinese Medicine, Japan and learned Chinese medicine.

I put these ancient information into my knowledge, and at the same time, I continuously thought how to use these knowledge into today’s lifestyles.

It is the same in all over the world that people become in a bad mood when a man is hungry or is in bad health, and become in a good mood when he eats good food or is in good health.

If it is possible, I would like to be good and want someone to be good in eating warmhearted and healthy foods.

In our busy days, I hope that I can make my wish real with a small idea and wisdom.

Adding a playfulness to the knowledge of traditional ways of cooking and medical cooking of Chinese medicine which conditions the body, I would like to create recipes fit into today’s daily lives and tell them to you.

Cooking is a tool which can gently express the feeling that you treasure someone.

I wish your dish make you and someone around you feel happy.

2015 Misato Hamada