料理研究家 濱田美里

料理教室のご予約はこちら
facebook page Instagram page YouTube

梅レッスンを終えて

2024.06.19 │ ブログ

先日、無事今年の梅干しオンラインレッスンが終了しました!

リアルタイムでご一緒した方も、動画視聴の方も、ご参加ありがとうございました。
貴重な南高梅をお送りくださったみなべ町の皆さまにも感謝申し上げます。

その後、生徒の皆さんからご質問やら梅酢が上がってきました〜というご報告やら、
たくさんメールが届いて、それぞれに返信をするたびに、

なんだか本当におもしろいなあ、と、
こんなこと(梅干しをオンラインでお教えすること!)が可能になった世の中に対して、
くすくすっと笑いが出てきます。

気が付けば、梅仕事を始めて早や25年になるんですね。

著作などに何度も書いたことですが、
若い頃の私はバックパッカーで海外をうろうろしていて、
日本に帰ってきて、自分のよって立つ場所のおぼつかなさに
宙を弄るような気持ちでいたところ、
足元にこんなにも魅力的な食の文化があったことに
心底救われたんですよね。

取りつかれたように郷土の料理をめぐったり、
漬け仕事にのめり込んだりしました。

その後、それらの本を出版したり、メディアに発表したり、レッスンをしたりするようになったけれど、
まさかこうして直接生徒さんのキッチンと繋がって、
オンラインでお伝えできる日が来るなんて、夢にも思いませんでした。

コロナ禍でやむにやまれず始めたオンラインレッスンもいまや5年目になり、

(オンラインレッスンと漬け仕事は実はすごく相性が良かった!
しかも毎年ひそかに進化してる😉)

レシピの上に、それぞれの人生や生活が積み重なっていく様子も拝見できることは
料理研究家冥利に尽きます。

実は、若い頃に梅仕事はじめたくさんのことを教えてくださった師匠が、昨年他界され、
ああ、伝えていただいた味や言葉やレシピは、
その人がこの世にいなくなっても、手渡した相手の中で生き続けるんだと強く感じました。
もしかしたらそれが家庭料理というものの、そして教え育てるということの肝かもしれないなと。

私も、いただいたものを手渡していきたい、その時代時代に合った柔軟な方法で、できれば軽やかに。

そんなことを思いつつ、今年も皆さんとたくさん笑って、レッスンを終えました。
しばらくは梅のビンを眺めているだけで幸せです!


return top