料理研究家 濱田美里

料理教室のご予約はこちら
facebook page Instagram page YouTube

おうち中華

2019.09.20 │ ブログ

Instagramから投稿

9月のレッスン「濱田美里のおうち中華」本日3日めが終わりました。
(生徒さんのご感想をLessonのページにアップいたしました!)

来週もまだ続きますが、今週の揚げ魚はお1人ずつに小さなガシラ(関西ではカサゴのことをこう呼びます)、
そして日によって、大きな鯛、いさき、カレイをプラスで揚げました。
同じ味付けでも魚が変わるとぐっと味わいが変わるんですよね。
それを楽しんでいただけたかなと思います。

おうちで大きな魚を丸ごと料理するって、
「一緒に魚をつつき合う相手と食事をする」ということなんですよね。
「これおいしいねー。」と言いながら気の合う人たちと
(おいしいお酒でも飲みながら^^)魚を食べるの、最高です!

そして水餃子。
みんなで80個も包みましたよ。
ちょっと大変だけど、皮を作るとやっぱりすごーくおいしい。
手作りの皮はパタンとたたむだけでくっつくので、お子さんでも包めますよ。
雨で外に出られない休日なんかにおすすめです。

後は5分でできる副菜3つとデザートの杏仁汁粉も好評でした。
おうち中華っていいなあ、と私もお教えするたびに思っています。
そんなに変わった材料を使わなくても、おいしくて外食みたいな楽しみがあるし、シンプルだから応用が利くし。
(特に神戸の魚は中華とよく合うから、いくらでも新しいレシピを作りたくなります!)

ぜひぜひちょっとずつでもおうちで復習してくださいね。
来週ご参加の皆さまもどうぞお楽しみにね! 

かりんとう

2019.09.19 │ ブログ

Instagramから投稿

姫路のかりんとうをいただきました!

神戸は和菓子よりも圧倒的に洋菓子が強い、という感じですが、
姫路は城下町なので、いい和菓子やさんがたくさんあるようですね。

さっそくフィーカの時間にいただきましたが、
黒糖とメイプルの2色の詰め合わせは、
従来の「かりんとう」のイメージからはかけ離れた、
モダンな味で、コーヒーによく合いました。

美味しくて珍しいので、ご近所のお花屋さんに4本おすそ分けしたら、
「絶品ですね。あまりに美味しいので2本一気に食べてしまって、残り2本をおすそ分けしました!」とのこと。
巡るかりんとうですね! 

ちなみに、このカゴの入れ物をお花屋さんが
「いつか花器に使おうと思います。」
とおっしゃったのに対して、マキさんが
「やっぱりお花なんですね。私はおにぎり入れようとしか思いませんでした。」
と言ったのを聞いて、花より団子の私も、ホントにそうだねーと笑ってしまいました(^_-) 

これから

2019.09.18 │ ブログ

Instagramから投稿

9月のレッスン「おうち中華」これからスタートです!

先ほど9月26日に1席キャンセルが出ましたので、ご都合よろしい方は是非!

鳳梨饅頭

2019.09.17 │ ブログ

Instagramから投稿

鳳梨饅頭。
広島土産にいただきました!
私にはとても懐かしい味。
和菓子と言えば和菓子なのですが、中にパイナップルジャムが入っているの。
呉の隠れた銘品です。 

東京に住んでいた頃、台湾人の編集者さんが、
帰省された後に、お母様の手作りのお菓子ですと、
小さなパイナップルケーキをくださったことがあって、
それを一口いただいた途端、
「オンライマントウの味だ!」
と驚いたことがありました。
もともとあちら由来のお菓子なのでしょうね。

そうそう、先日の13品レッスンで冬瓜の話をしたけれど、
このお菓子にも冬瓜ジャムが入っているんですよ。
(結構大きな役割を果たしていると思う!)

意外だけど冬瓜は、ジャムやチャツネにしても美味しいのですよ。
先日のように生でも(ソムタムに使いました)、煮てもいろいろ使えて、
調理法によってものすごく顔を変える面白い食材です。
また機会があればレッスンで取り上げますね。

13品〜

2019.09.13 │ ブログ

Instagramから投稿

「名残のエスニック&北欧スイーツ13品」、無事終了いたしました。
(生徒さんのご感想をlessonのページにアップいたしました!)

いっぱい作って、大笑いして、楽しかったですねー。

私はもう13品はこれが最後!と言っているのに、
「またまたー!」
と、生徒さんたちが次なる企画を考え始め、気がついたら、
「次は私、泡持ってくるから。」
「じゃあ私は白!」
と、ワインの持ち込みの分担まで決めてるんですけど!!

初めて会った人同士でも、なぜかホームパーティのように和んでしまう、
13品の会の不思議さよ。

そもそもどうして13品シリーズが始まったのか、
なんで私たち毎月こんな体育会なことをやってるのか!?
よくわからなくなってまいりましたが、まあなんでもいいや。
料理を通じてみんながハッピーになれば。

「おいしいねー。」「楽しいねー。」って、すごいエネルギーだもの。
キッチンというのは、それをうみだすことのできる、パワーのある場所です。
皆さまのおうちでも、食卓にたくさんの笑顔がうまれますように!
(こんなにたくさん作る必要はもちろんないよ!^_^)

カラピンチャ

2019.09.12 │ ブログ

Instagramから投稿

スリランカカレー@カラピンチャ(王子公園)

昨日おとといと、エスニックを作りすぎて、すっかり勢いづいてしまった私たち!

以前に生徒さんから
「センセ、王子公園のカラピンチャは、絶対行って!」
と教えていただきながら、なかなか行けなかったスリランカカレーやさんにてランチ。

チキンのカレーとフィッシュカレー(ハマチ)をシェアしましたが、とってもおいしかった!
やさしいスリランカ料理で、大好きな味でした。

カレーはもとより、野菜料理の一つ一つに細かく気が行き届いていて、すごく触発されました。

これから

2019.09.11 │ ブログ

Instagramから投稿

エスニック+北欧13品の2日目(にして最終日!)です。

着物はすでに夏ものが終わり、単衣の時期に入りましたが、まだまだ暑いですねー。
スウェーデンの時は、ついこの帯と帯締め(国旗カラー)を選んでしまう😉

さあ、今日もがんばりますよ。

夏のつかれ

2019.09.09 │ ブログ

Instagramから投稿

メンテナンスに鍼へ。(今日はマニアックな話です。スミマセン!)
今年は夏の間まったく行かなかったので、2ヶ月ぶりくらい。 

ちょっと気になる不調があって、私の見立てでは「脾虚」じゃないかな、と思っていたのですが、理由がわからなかったんです。
(参鶏湯など脾気虚には結構気をつけて食べていたので。)

でも、治療が終わった後に、先生が一発で、
「これは夏の疲れですね。心(しん)です。」
「え!心!?」
「はい、夏って五行で心じゃないですか。今年も暑かったから、心が消耗して、その影響で脾が弱るんですよね。(中医学では心は脾の親と考えるので。)だから、心のツボに鍼打った時、すごい痛かったでしょう。詰まってたんです。」
「確かに!あそこだけすごく痛かったー!!しかも、初めてのツボでしたねー。」

なるほどー。
私はもともと脾(消化機能)は弱い方なので、普段からかなり意識してケアしているのですが、
(お灸も大抵「中脘」という胃のツボから始めます)
心(循環器など)に関しては、ノーマークでした。

夏は心が弱りがちなので、苦味のものを摂ると良いというのは薬膳では基本的なことですが、
苦味のものは体を冷やすことが多いので、そこそこにしていましたし。 

さすがプロですね。
脈診と舌診、そして体の様子を見てすぐに的確な治療をしてくださる。
信頼できる、相性の良い鍼の先生が近くにいらっしゃるのは本当にありがたいです。

夏疲れはこういうふうにも影響するんだ、と改めて勉強になりました。
毎年ここまで暑い夏が続くと、「心(しん)」に対する食べ方の対策もしっかり考えなくっちゃなあと、あらためて思いました。
(苦味を駆使した沖縄あたりの食べ方は参考になりますね)  

13品キャンセルが出ました!

2019.09.06 │ ブログ

Instagramから投稿

先日ご案内したエスニックと北欧スイーツの13品レッスン。
空席が出ましたお知らせです!

9/10(火)に1席ご用意できますので、ご都合よろしい方は、この機にぜひいらしてくださいね。
(夏も終わっちゃったーと思っていましたが、なんだかまた暑い日が続いているので、エスニックちょうどよかったです^_^)

///////////////

『濱田美里の名残のエスニックと北欧スイーツ13品 お持ち帰りあり』

・ソムタム
・グリーンカレー
・ベトナム揚げ春巻き
・トード・マン・プラー(タイ風さつまあげ)
・豚と卵のベトナム風角煮
・焼きなすのベトナムサラダ
・フォー
・香り野菜のサラダ
・バインミーサンドイッチ
・ベトナムプリン
・ブルーベリータルト
・chokladbollar(ショクラードボッラル/スウェーデンのチョコボール)
・スウェーデンのワッフルの日のワッフル

日時 2019年9月10日(火)、11日(水) 時間 10:30〜14:00
受講料 15,000円(税込)
定員  5名(先着順) 
◎持ち物 エプロン、手拭きタオル、筆記用具、お持ち帰り用のバック(あれば保冷剤)

お申し込みはこちらから

5歳のサンマ丼

2019.09.05 │ ブログ

Instagramから投稿

5歳のサンマ丼。
キッズのプライベートレッスン。
秋刀魚が出回り始めたので、買ってくるところから。 

キッチンバサミでちょきちょき開き、食べやすいようにちょきちょき切って。
粉をはたいてフライパンで焼いて、たれを絡めて出来上がり。
ねぎは包丁で、トントン切りましたよ。
そして、「これ、おいし〜!!」ともりもり^_^
そりゃおいしいよ。自分で全部作ったんだもの!

子どもが魚を扱う場合、どうしても手が温かいので、全部を切った時点で、きちんと臭み取りをすることが、最大のポイントかもしれません。
どうやるかと言うと、海くらいの塩水かお酒で洗ってきれいに拭くのです。
それだけのことで出来上がりが全く変わります。
魚が苦手なお子さんでもおいしく食べられますよ。
やってみて。   

return top