いままでのメニュー

2016年4月『濱田美里の手作りグルメバーガー』

○ご案内より

4月は4年ぶりに自家製グルメバーガーを作ります。
1品の中に、パン作りの基本、マヨネーズソースのコツ、お肉をいかしたハンバーグ作り、ピクルスの作り方が盛り込まれています。
すべて手作りですから、できあがったハンバーガーは絶品!
もちろん他の料理にも展開できるものばかりですので、おうちでは「ばらして」活用してください。
4年前にご参加できなかった方も、2度目の方も、初めての方もぜひ。
旬のアスパラガスでスープもつくりましょう!

・手作りバンズ〜こね、発酵、成形、焼きの基本をお教えします。
    +
・手作りハンバーグ〜100%牛肉をたたいて豪快に!
    +
・手作りマヨネーズ〜安心材料でフレッシュなマヨネーズを作ってみましょう。失敗しないコツをお教えします。 
   +
・手作りピクルス〜長時間漬けなくてもあっという間にできる方法をお教えします
   
・アスパラガスのスープ
・オリーブオイルで揚げるフライドポテト

//////////////////////////////////////////////

dscn3908

dscn3929

dscn3931dscn3923

////////////////////////////////////////////////////////////

ハンバーガーの会は毎回テンションが上がります!
みんなでバンズを焼いて、マヨネーズやピクルスを作って、グリルパンで肉をジュウジュウ焼いて。

今回は、それぞれのお好みで、アボカド入れたり入れなかったり、
ハンバーグにコルビージャックチーズやモントレージャックチーズを乗せて溶かしたり、
玉ねぎは焼いたり生だったり、と自由に挟んでいただきました。

手作りのハンバーガーは、まったくくどさが無く、しみじみとおいしい。
そしてパワーが出る!

皆さんと一緒に料理をしていて、
私もとっても楽しく、元気になりましたよー。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2016年3月『濱田美里の少人数ベーシックコース:「酢」』

○ご案内より

ベーシックコースは、前回に続き、調味料を取り上げます。
米酢、ワインビネガー、黒酢、バルサミコ酢など、原料や熟成法による違い、また同じ米酢でもメーカーによってずいぶんお味がちがいますので、実際に味わってみましょう。

作っておけば便利な合わせ酢の作り方のご紹介、
またお酢を隠し味にした料理を作ります。

・鶏のお酢煮〜4種のお酢で作り比べてみましょう〜
(自家製すし酢を使って)
・ベーコンのクリームスープ
・いろいろ野菜のオリジナルカレー 隠し味に
・イチゴバルサミコソース アイスクリーム添え 

//////////////////////////////////////

dscn3774

dscn3782

dscn3766

//////////////////////////////////////

お酢は面白いですね。ほんとに。
この回では、お酢の作り方や特徴などの勉強をした後、
まずは15種類の味比べをしました。
ラインナップは以下の通り。

米酢…千鳥酢・玉姫酢・センナリ米酢(おいしさ研究所『大地』のもの)・千鳥酢・玉姫酢
センナリ有機純米酢・富士酢・内堀醸造の有機玄米酢
坂元の黒酢(3年)・センナリの玄米黒酢・リンゴ酢・きび酢・赤ワインビネガー
白ワインビネガー(フランス産と国産のもの2種)・ミツカンの穀物酢
バルサミコ酢(カラメル色素入りのものと8年ものの2種)

その後は実習を行い、お酢の種類や入れるタイミングによってどれだけ味が変わるか、
また酸味をつけるだけではないお酢の使い方、などを体感していただきました。
どれも、食べるとお酢が入っているとはそんなに分からない料理ばかりだと思います。

「酸味」を使いこなすというのは、料理の中でもかなり上級のテクニックですが、
あえてベーシックなところから、その酸味としっかり向き合いたいと思いました。
きっと皆さんおうちに帰ったら、これまでとは違ったお酢へのアプローチができるようになっているんじゃないかな、と思います。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2016年3月『濱田美里の郷土料理⑩〜山口篇〜』

○ご案内より

3月は山口篇です。萩で教わった夏みかん寿司に加え、山口の特産品を使ったオリジナル料理をご紹介します。
デザートはあの美味しい日本酒の酒粕で作るチーズケーキ。お楽しみに!

・夏みかん寿司(夏みかんの香りがきいたさわやかな混ぜ寿司)
・はなっこりーとわかめと鯛のオーブン焼き
・長州鶏の里イモまんじゅう
・岩国レンコンのステーキ
・獺祭(だっさい)酒粕のチーズケーキ

/////////////////////////////////////////

DSCN3726

DSCN3739

dscn3756

/////////////////////////////////////////

3月は萩の香りたっぷりの、夏みかん寿司を作りました。
萩はガードレールまでオレンジですからねー。
このお寿司は、夏みかんの果汁に加え、皮を使うのがポイント。
名物ちりめんじゃこのうまみに大人っぽい苦みがうっすら加わり、
シンプルながら、香り高いお寿司が出来上がります。

里芋まんじゅうの裏ごしは、馬毛のこし器を使いました。
みなさん「漉し方」や、漉し終わった後のなめらかさに衝撃を受けておられました。
この国に伝わる、貴重な道具から生まれる舌触りを体感いただけてよかったです。

鯛のオーブン焼きはもちろん古い郷土料理ではなく、私の創作ですが、
とってもカンタンで華もあり、美味しいので、ぜひ覚えていただきたい一品。
タイもですが、下に敷いたワカメがなによりおいしのです。
(山口はワカメもとれますからね)

岩国レンコンは東京ではなかなか手に入れづらいのですが、
もっちりして独特の食感があります。
シンプルにステーキにして味わっていただきました。

最後のチーズケーキは、獺祭の酒粕入りで、濃厚な味。
のんべえさんは「酒粕が入っているなんて全然分からない!」とおっしゃり、
お酒が苦手な方は「すごく香りがしますー」とおっしゃる面白いケーキでした。
しっかり冷やして落ち着いたところを食べるのがおすすめ。
混ぜて焼くだけなので、ぜひおうちでも作ってみてくださいね。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2016年2月『濱田美里のおつまみ』

○ご案内より

過去にもご好評をいただいた「おつまみ教室」第4弾です!
パパッと数分でできる、手軽だけどおいしいおつまみ。
じっくりと煮て、しみじみうまーいおつまみ。
砂肝のような、普段あまり扱わない食材の下ごしらえも改めて学びましょう。
お酒を飲む人も飲まない人も、レパートリーに加えて楽しんでくださいね。

・牛すじ煮
・カリフラワー炒め
・菜の花とマグロのからし醤油
・キャベツちりめん
・のり豆腐
・砂肝ときのこのアヒージョ 
・トマトの揚げ出しもち
・そばがきデザート

///////////////////////////////

DSCN3499

DSCN3504

DSCN3526

DSCN3530

DSCN3539

/////////////////////////////////

おつまみの会はわいわい楽しいですね。
「酒をくださいー酒をー!!」という生徒さんたちの声も毎度のこと。
(でも酒は無いのです^^)

牛すじはトロットロにワインで煮ますが、八丁味噌が隠し味。
止まらない味です。
砂肝の下ごしらえも、案外じっくり習うことって無いので、皆さん喜んでおられました。
あとはパパッとカンタンにできて、お酒の進むものばかり。
お酒が苦手な方たちもご参加くださって、おうちで腕を振るわれた話を
あとでたくさん聞きましたよ。

ご参加くださった方の感想はこちらから→


2016年1月『濱田美里の少人数ベーシックコース:1月「味噌」』

○ご案内より

私たち日本人にとって、身近だけど、意外に知らない「みそ」について勉強しましょう。
赤みそ、白みそ、といった違いから、味比べ。隠し味として使う方法など。
自家製みその仕込みも意外に簡単なので、ぜひ一緒に。

色々な種類の味噌を使った料理を作って、完成です。

・赤みそでハッシュドビーフ
・白みそと豆乳で作るスープ
・みそドレッシングのサラダ

・手作り米こうじみそ

////////////////////////////////////////

DSCN3466

DSCN3473

DSCN3477

///////////////////////////////////////

今回は「味噌」を取り上げました。
作り方や歴史、みそ汁以外の使い道など
みなさんたくさん学んで、感じて、味わっておられました。
毎年恒例の、生の大豆から作る、米麹味噌も皆さんと一緒に仕込んで、
私も楽しかったです。
味噌のいろんな顔に触れられたんじゃないかなあ、と思います。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2016年1月『濱田美里の郷土料理⑨〜青森篇〜』

○ご案内より

青森に伝わる郷土料理プラス青森の食材を使った濱田美里オリジナルの料理を組み合わせました。
是非普段の食卓に活かしていただけますように。

・イカメンチ
・長芋とホタテのカルパッチョ(魚醤ドレッシング)
・舞茸とねぎのみそグリル(貝焼き味噌にヒントを得て)
・シジミとニンニクのスープ
・青森リンゴをたっぷり使ったタルトタタン

/////////////////////////////////////////

DSCN3371

DSCN3372

DSCN3381

DSCN3388

DSCN3389

DSCN3409

////////////////////////////////////////

寒い地方の冬の料理には、かならずからだが温まる知恵がたくさん隠れています。
そんな要素をひろいながら、ちょっと新しいスパイスも加えて、
現代の生活でもいかしやすいような料理を今回はご紹介しました。

オーブンで焼かずにできる、かんたんなタルトタタンも好評でしたー。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2015年12月『濱田美里のおせち料理~おせちでおもてなし~』

○ご案内より

毎年恒例のおせち教室も今年で8回めとなりました。

1年の感謝と来年への祈りを込めて
今年も一緒におせち料理を作りましょう。

基本の祝い肴はいつも通りていねいに。
それにプラスして、今回はちょっとモダンな和風のおもてなし料理も
ご紹介したいと思います。

初めておせちにトライされる方はもちろん、
何度も通ってくださっている方もぜひいらしてください。
日本酒にもワインにも合わせられるような、
あまったおせちの変化形もご案内しますね。

・祝い肴3種
  黒豆煮
  数の子
  田作り

・伊達巻き 
(ホタテの入った特製伊達巻き。
これだけは手作りした方が絶対においしい、
みんな大好きな味です)

・鯛の昆布じめとグレープフルーツのサラダ
(白身魚の昆布じめは一度覚えると、ずっと使える技です。
いつものお刺身もワンランクアップの味になりますよ)

・牛タンの香味しょうゆ漬け
(普段料理し慣れない牛タンも、この機会に使いこなしてみませんか。
作り方はとっても簡単なのに、ごちそうです)

////////////////////////////////////////////

DSCN3154

DSCN3158

DSCN3160

DSCN3161

DSCN3180

DSCN3189

DSCN3202

DSCN3168

/////////////////////////////////////////////////

今年もおせち教室が終わりました!

今回は、いつもの定番おせちに加えて、いくつかのおもてなし料理をご紹介したことと、
たくさん葉っぱなどをご用意して、みなさんに自由に盛りつけていただいたのが、
新しい試みでした。

ハランやセンリョウ、シダや南天などをあしらうだけで、
いつものプレーンな白いお皿も、ぐっとお正月らしくなります。

みなさんが心のままに、いきいきと飾ってくださった一皿一皿、
とってもすてきでした。
(センターに敷いたクロスは実は手ぬぐいです。)

来年もよい年になりますように!

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2015年11月『濱田美里の少人数ベーシックコース:11月』

○ご案内より
11月のベーシックでは、洋食の基本、「ホワイトソース」と「ミートソース」を覚えましょう。
手作りのホワイトソース、ミートソースを重ねた自家製のラザーニャは、ビックリするほどの美味しさです。
一度身につけると、色々な料理に使えるソースですし、冷凍保存も可能です。
グリーンサラダには、重宝するドレッシングの作り方も。
麦とキノコのスープは食物繊維もうまみもたっぷり。洋食を食べつつも体に脂肪をためすぎない工夫も覚えて下さい。

・ラザーニャ
・グリーンサラダ
・麦とキノコのスープ

DSCN3049

DSCN3051

DSCN3101

///////////////////////////////////////////////////////////

秋も深くなってきましたので、ホワイトソースとミートソースを丁寧に作って、
ほかほかのラザーニャを焼きました。
ホワイトソースは作れそうで、自信が無い、とおっしゃる方の多いソースです。
あのなめらかな白いソースができるまでに、たくさんのコツがありますので、
それを余すことなくお伝えしました。
ミートソースも、手作りのものは格別の味わい。
この2つのソースができれば、いかようにも展開できますので、
ぜひ身につけていただきたいなと思います。

麦とキノコのスープは、こういった重めの食事の時に、
からだをスッキリと調えてくれるスープ。
家庭料理というのは、そんな風に上手にバランスがとれるのが、いいところですね。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2015年11月『濱田美里の郷土料理⑧〜石川篇〜』

・笹すし(笹の葉で包んだ香りの良い押し寿司です。手に入れやすいスモークサーモンを使って気楽に作ってみましょう。ホームパーティのおもたせにもおすすめ)

・鴨の治部煮(金沢を代表する椀もの。鴨を固くしない処理の仕方や、体を温める工夫など学びましょう。)

・源助大根で作るブリ大根(定番のブリ大根を美味しく作るコツをお伝えします。贅沢に加賀野菜の源助大根を使って)

・加賀れんこんのはす蒸し(すり下ろしれんこんをモッチリと蒸したはす蒸しが恋しい季節になりました。加賀れんこんで作るはす蒸しは別格です。ぜひ体験してみて下さい。)

・えびす〈別名べろべろ〉(石川県でお祭りのときなどにつくられる、ショウガ風味のたまご寒天。上品な一品です。お口直しに)

////////////////////////////////////////////////

DSCN2918

DSCN2923

DSCN2941

DSCN2950

//////////////////////////////////////////////////

11月は、加賀料理を取り上げるために、久しぶりに石川県へ取材に行ってきました!

郷土料理の笹寿司やべろべろを教えてくださったのは、白山市の方々。
本当にありがとうございました。

教室では、どこでも作りやすいように、スモークサーモンを使って笹寿司を作りました。
手軽だけど、上品で、笹のいい香り。
ぜひご自分のものにしていただきたいな。

源助大根、加賀レンコンは、力強い加賀野菜。
その野菜でしか作れない味、というのを味わっていただけたかなと思います。
塩味のブリ大根、はまっちゃうー、とおっしゃる生徒さんも多かったです。

治部煮はからだがあったまる椀ものですね。
鴨の扱いもご説明しました。

晩冬の北陸のごちそうは、たくさんの知恵がつまっていますね。
元気に冬を乗り切ってください。

ご参加くださった生徒さんの感想はこちらから→


2015年10月『濱田美里のおもてなし~チキンの塩レモンロール~』

10月は、「いつか教えてください。」というリクエストにお答えして、おもてなし料理をご紹介します。
4月の包丁研ぎの講座のランチでお出しした「チキンの塩レモンロール」。
10月になるとそろそろ国産の新レモンも出始めますので、塩レモンの仕込み方もご紹介しますね。
手作りパンもご用意しておきます♪

・チキンの塩レモンロール(鶏もも肉で塩レモン風味のマッシュルームデュクセルを巻いて焼いたもの)
・野菜のロースト(人参を焼くときにふりかけるスパイスの調合もお教えします)
・和栗のポタージュ
・秋のサラダ

DSCN4868

DSCN4833

DSCN4836
DSCN4845

DSCN4850

DSCN4855

DSCN4856

//////////////////////////////////////////////////

10月は、おもてなし料理をご紹介しました。

まずは秋のサラダ。
春菊やブドウや菊などに、揚げたレンコンが加わることがポイントです。
これが入ることで程よい食感と、コク、ごちそう感がプラスされます。
ドレッシングはフードプロセッサーで混ぜるだけですが、
覚えておいて損の無い美味しいレシピ。
どんなサラダも、ひと味上げてくれますよ。

この時期にしか作れない生栗のポタージュは
甘くてまろやかで、こっくり優しい味。
盛りつけの仕上げは、生クリームかオリーブオイル、
お好きな方をかけていただきましたが、
「どちらも味わいたいわ!」
と半々にされた方も(笑)。

そしてメインの塩レモンロールです。
丁寧に作ったマッシュルームデュクセルが味の決め手になります。
これは洋風うまみの素。
そこに塩レモンが入ることでぐっと大人っぽくなります。
ソースはブルーベリージャムで簡単に作れますが、
器に盛りつけると、簡単には見えないのがうれしいところ。
盛りつけは、皆さんのセンスで仕上げていただきましたが、
おうちに帰ってすぐにおもてなしできそうなくらい、
上手でしたよ。
一緒に盛りつけた野菜のローストは、
鶏を焼く時に同じオーブンに入れただけ!
オリジナルの合わせスパイスをふることで
ただのロースト人参がエキゾチックな味わいになりました。
さつまいもなどにもぜひ応用してくださいね。

おうちでおもてなし、ぜひ気楽に実践していただけたら
うれしいです!